「ゆびさきと恋々」最新話41話のあらすじやネタバレ!桜志の過去と雪への思い

デザート

「ゆびさきと恋々」41話のあらすじやネタバレ

《前回までのおはなし》

「ゆびさきと恋々」40話のあらすじやネタバレ!雪と逸臣が怪事件に巻き込まれる⁉
「ゆびさきと恋々」40話のあらすじやネタバレ 《前回までのおはなし》 隣人のトラブルに雪と逸臣は? 玄関のドアを開けると、顔面から倒れて額から血を出している隣人。 雪と逸臣は慌てて安否確認を行います。 「大丈夫ですか⁉お兄さん」 雪も手話で...

桜志の様々な思い

桜志は心と別れたあと、色々な思いが押し寄せてきていました。

幼いころからの雪との思い出が溢れてきます。

「ねぇ知ってる 桜志 好きの反対って無関心らしいよ」

姉の実桜(ミオ)がゲームをしながら何気なく言った言葉。

「は?」と返事をしてそのまま日常を過ごす桜志。

雪とは手話で会話をしていましたが、トゲのある言葉を使ったり、優しくできません。

それは学年があがっても変わらずでした。

でもそれは『無関心』になりたくなかったからもしれません。

ある日、雪と道で出会ったときに、横断歩道を小走りしていたので、どうして走ってるのかと手話で聞いたことがありました。

雪は手話を交えながら“くうま”と言って、「早く曲がりたいかなと思って」と返します。

すると桜志の友達たちがやってきて、雪のことを耳が聴こえない子だっと言ってきました。

雪は「ほんにひわー」と口に出して言います。

友達たちは「ほんにひわー」と返しながらクスクスと笑っています。

桜志にこの人の声がへんだという友達。

(雪 口読んだ…?)

その日から雪は外では声を出さなくなりました。

何もできなかった自分がますます雪に嫌われたんじゃないかと思う桜志。

それからもう雪のことは考えないようにしようと思います。

それから高校生になり、桜志は雪とは距離を置いていました。

小さい桜志と雪ちゃんかわいいですね!

桜志の決断は?

20年生きてきて、桜志は“けっこう自分がない”ことを悟りました。

時間が戻ったとして、雪の声が変だと言われた時、なんて声をかけるだろう?と改めて考える桜志。

桜志は雪の声が変だなんて一度も思ったことがありませんでした。

むしろすごく“あったかい気持ち”になると…。

走り出す桜志。

(俺にとっての嫌いの反対は嫌いじゃないって事だ…)

桜志が向かった先は…?

朝の4時。

アパートの一室のインターホンを連打する桜志。

中から出てきたのは、深時と畑やんでした。

「おまえ…」

起こされて不機嫌な深時。

でもそのまま桜志を受け入れてくれます。

「…芦沖…泣いてた…?」

「俺の…話をしていい?」

桜志が話し出した自分の気持ちとは…?

「ゆびさきと恋々」41話の感想と考察

今回は桜志一色でした!

そうですよね、ずっと雪を近くで見てきた桜志。

色んな思いや感情がてんこもりあるでしょうね。

ただきっと不器用なんですよね…それはもう…性格ですから!

ただ、桜志の優しさは雪にも絶対伝わっています。

絶対に嫌われてなんていません!それは断言できます。

でも、ずっともやもやしていたのがどうやら晴れた様子の桜志。

耳が聴こえないから気になっていたというわけではなくて、雪だから気になっていたってことなんでしょうね?

それは“好き”ってこと。

次回はそれを伝えに行くのでしょうか?桜志の行動からまだまだ目が離せません!

次回の話が気になります!

《広告》「ゆびさきと恋々」を漫画で読むなら〔まんが王国〕〔U-NEXT〕がおすすめです!

〔まんが王国なら〕3000作品以上の無料漫画、電子コミックがザクザク読めます!

最大50%のポイント還元あり!

期間限定で80%のポイント還元もあり!

今なら無料キャンペーン実施中!

登録無料です↓

〔U-NEXT〕なら無料トライアル期間あり!

登録後31日間は無料で視聴できる作品が180,000本以上!

無料でもらえる600ポイントで「ゆびさきと恋々」が読めちゃいます!

160誌以上の雑誌も無料で読めます。(2024.1月現在の情報です)

無料トライアル期間に解約したら料金も発生しないので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか♪

登録はこちらから↓

その他、お試しで無料で読めるコミックも沢山ありますよ!



1冊無料


1冊無料



1冊無料

コメント

タイトルとURLをコピーしました